前へ
次へ

生活習慣と肌の色の関係を知ろう

健康でなければ美しさは保てず、だから、顔色次第で年齢は上がったり下がったり見えてしまうのです。
顔色が蒼白い、これは白肌という透明感があれば美肌に分類される色ですが、蒼白いのであれば、気虚や血虚とされています。
頬に血色が有るのと無い、この違いや、目のまわりのクマが有るのと無い、この色素沈着の色からは、美容情報が丸わかりすることを美容皮膚科医も口にしています。
また、皮膚は年齢によって、色艶がよく、適度な潤いと艶があるものです。
それは10代でピークと言われています。
老いへの抵抗は早くから進めることも必要ですから、スキンケアが20代から定着していることも理解できます。
ちなみに、見た目は腸と関係していることも謳われています。
便秘になると、皮膚の吹き出物、にきびが増える女性もいるはずです。
腸内環境が悪化すると、結果的に見た目が悪くなるのであれば、見た目を良くするには腸内環境を良くする食事、運動、睡眠がカギになるのではないでしょうか。

Page Top